› まちなか情報局 › 2010年05月05日

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年05月05日

カグチ


5月5日!!GW最終日の子どもの日☆
子どもの皆さんは楽しく過ごせたでしょうか?
そして大人の皆様は、子どもを楽しく過ごさせてあげたでしょうか?

GW中は、本当にお天気が良かったですね☆
だんだんと夏に近づいてる気がします♪

夏といえば、「海」!!
ということで、今日は高鍋の「蚊口浜」についてご紹介したいと思います。


まず、地名の由来は、小丸川の川口=カワグチにあたるからだが、
いつの間にか「ワ」が抜け落ちてカグチとなり、
カの音から蚊が連想されて蚊口となったようである。

あたりに大規模な工場がないこともあって、水質はよく
夏は宮崎県央唯一の海水浴場として人気。

また、天然牡蠣の産地として知られ、
江戸時代から盛んに食べられてきた。

良質の牡蠣が育つのは、小丸川の水ときれいな海水とが混じりあい
好環境をつくっているからだ。

浜の南にはサーフポイントも!!
日向灘から吹き抜ける風が絶好の波をつくっており、
県内外から多くのサーファーが詰めかける。

その真夏に先駆ける初夏。
はるか太平洋からやってくるのがアカウミガメだ!!
産卵のために上陸し、カメと産卵地は
県指定の天然記念物になっている。

参考 「歴史と伝統のまちの歩き方 高鍋ナビ」

皆さん蚊口浜の由来ご存知だったでしょうか?
私は、初めて知りました(^^)

ちなみに、先日北海道ご出身の方とお話する機会があったのですが
その方は「サメはでないの?」ととても心配されておられました。

私は、その方に聞いて
初めて北海道の海は泳げないということ知りました笑

世の中知らない事だらけですね(^^;)

海水浴場がある高鍋に生まれて良かったー☆
是非皆様もたまには海に出かけられてはいかがでしょうか☆  


Posted by まちなか情報局 at 17:39Comments(0)観光