› まちなか情報局 › 2010年11月08日

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年11月08日

おせん稲荷☆

本日、おせん稲荷で神事が行われました。
中町の皆さんで行うものらしいです。

まずは清掃から開始☆

着々と準備されます。




しっかりとお供えもして☆



今年も残すところ1ヶ月と少し。


今年の商売繁盛、家内安全に感謝し


来年も良い年になりますように

よろしくお願い致します♪

代表して中町公民館長田中さん☆


さて、お仙稲荷大明神由来について簡単にご紹介いたします。

昔、漁師や農家が水産物農産物を、この森を通って城下町に物売りに行っていたそうです。
その物売りに行く人々の前に、一匹の狐がかすりの着物を着た娘に化身して
「お仙」と称して物をねだったが、その乞いをいれて物を恵んだ者の品は
早く売り切れたが、断った者の品物は一向に売れず、
又いろいろ災難にあったりして人々はその霊験あらたかなことに驚き
何時かお仙稲荷さんと呼ばれ敬ったという。

そうしていつのころからか小さな社ができ、
狐は神の使いとして敬われてきた。

明治に入り、お仙稲荷の崇敬者であった中町の武末家によって
初午の祭事を執り行っていたが、
その後中町の有志も祭りに加わり、
現在では中町公民館が商業の繁栄を祈願し
毎年の初午と秋祭りの祭事を執り行っている。


というような経緯があるそうです☆

最後は、みんなでおいなりさんを美味しくいただきました☆


これからも、高鍋町の商業・農業が益々繁栄しますよーに☆
皆様に恩恵が届きますよーに♪  


Posted by まちなか情報局 at 16:45Comments(0)日記