› まちなか情報局 › 2010年12月11日

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年12月11日

視察研修3日目♪

さあいよいよ、研修最終日です。

本日の予定は、世界遺産の石見銀山☆


とっても風情のある町並みです☆


景観のためにこのような配慮まで☆


さあ、いざ出発☆
まさか4時間も歩きっぱなしになるとは、このときは全く予想もしていませんでした。


古い建物が数多く残っていました。


↑これ今も使われている小学校なんですよ!!!


ガイドさんの説明を受けながら、2時間半のコース。

登ったり、下ったり

洞窟?間歩を抜けたり。

銀山でどのように作業が行われていたのかなどの説明をうけました。


そんなこんなで、やっともとの位置に戻ってきました。

そして次は、町並みについてです。
昨夜、あかりキャプテンの田中等さんがお友達を通じてお知り合いになった「群言堂」の社長さんに案内していただきました。

昔のおうち、暮らし、生活、を大変愛していらっしゃるということが、とっても伝わってくるお方でした。


ちなみに、ここの町並みは、美々津に学んだそうです。
そういわれれば、なんとなく雰囲気似てる気がします。

それにしても、昨日の出雲商工会の方も川南の軽トラ市に学ばれているし、石見銀山でも美々津に学ばれているし、宮崎県ってすごいんですね♪♪♪
遠め遠めに華やかなところへ目が行きがちですが、意外と身近な所に学ぶことがあるのかもしれないですね♪

そして、群言堂の社長さんが経営されている「他郷阿部家」という宿泊施設も見学させていただきました。

あっけにとられ写真撮るのを忘れてしまうほどでした。

本当に昔ながらの立派なおうちで、なんだかホッとするような温かみもあり、本当に素敵なところでした。

ここへは、お客様が泊まる時だけでなく、常に奥様が暮らして、お客様をいつでも温かい空気でお迎えできるようにしているんだそうです。
建物だけでなく、考え方にも感銘を受けました。

建物や空間が立派で、感心している私たちに奥様は、
「本当に驚かれるのは、ここの以前の姿を見られてたときですよ」
と言われました。

そのおっしゃられた通り、映像で以前の姿を見せていただいたのですが、本当に「まさに廃墟」というような感じでした。

この廃墟から10年の年月をかけ、改修されたそうです。

ん〜写真もないので、なんと伝えていいのか分かりませんが、本当に驚きでした。

来年度の事業、町屋プロジェクトへの大きなヒントをいただけたように思います。

是非、HPを見てみてください。
群言堂さん→http://www.gungendo.co.jp/
他郷阿部家さん→http://www.takyo-abeke.jp/




本当に立派に保存され、とっても素敵な街で、大変勉強になりました。

貴重な出会いと貴重な経験を本当にありがとうございました。

そして、まちなかメンバーは、このハード日程を全て終え、12時間の帰路へとついたのでした。

視察研修を快く受けてくださった視察先の皆様、本当にありがとうございました。

参加された皆様、準備から携わった皆様、本当にお疲れ様でした。
では、参加された皆様、報告レポートの提出をよろしくお願い致します♪

大変勉強になった視察なので、これからどのように学んだ事を高鍋らしく生かしていけるかを、メンバーで練っていかないといけないですね。

簡単ではありますが、視察研修の報告をこれで終わります。

ありがとうございました☆  

Posted by まちなか情報局 at 19:26Comments(2)まちなか商業活性化協議会